注文住宅とはcustomhome

ouchi

「注文住宅」とは、
あらかじめ取得した土地に、家を建てる人の依頼に応じて建築士や施工会社が設計・建築をします。
注文住宅の依頼先は「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」が挙げられます。

ヘーベルハウス

ハウスメーカー

日本国内全域を対象に営業を展開している大手住宅会社を指します。

特徴

設計・工事の両方を行います。デザインや間取りを事前に設計し、その組み合わせによって間取りを決めます。実際の工事や作業をするのは地元の工務店であることが多いです。耐震性・断熱性・耐久性など研究開発費にも経費をかけ、快適で安心な家づくりを目指しています。

メリット

  • 建材を自社工場で生産しているため一定で安定している品質
  • 耐震性・断熱性・耐久性のテストをし数値化している
  • 建築の効率化を図り工期が短い
  • アフターサービス・長期保証が充実している
  • テレビコマーシャル等で広く知られているため信頼性が高い
デメリット

  • 建材が規格化されているため、細かい仕様の希望や変更に対応できない
  • 設計の自由度が低い
  • 標準価格設定も高めであり、規格外のオプションはさらに価格が高くなる
  • 着工後のプラン変更は難しい

株式会社 藏持

地元工務店

複数の専門工事業者をまとめて工事全体を管理することにより総合的な工事を請け負います。

特徴

セールス感が強くなく、手作り感のある自由な家づくりが魅力です。

メリット

  • 規格化されていないので自由なプランが立てられるので、施主の個性が生かされる
  • 宣伝広告費・研究開発費がかからないため、建築費が比較的安く抑えられる
  • 着工後も可能な限り仕様の変更も可能
  • 工務店と施主のコミニュケーションがとりやすいので対応に融通が利く
デメリット

  • 工務店の経営状況や技術力に差がある
  • 研究開発費がかからない反面データ化ができない
  • アフターサービスはあっても工務店の将来の存続性に疑問がある
  • ハウスメーカーと比べると工期が長い

設計事務所(建築家住宅)

住宅等の建築物の設計や工事管理等を業務とする事務所を指しますが、施工は請負工務店が行います。

特徴

施主の希望を設計に反映するため、施主好みで個性を生かした家づくりができます。

メリット

  • デザインの自由度が高く、細部までこだわった家が建てられる
  • 狭い土地や個性的な形の土地にも建築が可能
デメリット

  • 設計管理料がかかる
  • 設計や見積もり調整の期間が長く、家づくりの期間が長くなる
  • 建築家により実績が見極めにくい

まとめ

注文住宅で家を建てるメリットは

  1. 好きな土地に自分の希望を取り入れて、自由に企画・設計ができるのでこだわりを実現できます。
  2. 場所(土地)選び・建物の外観・内装等、幅広い価格帯から選ぶことができます。
  3. 建築の初めの基礎工事から構造体・壁の内部等のチェックができます。

デメリットは

  1. ゼロからの家創りなので、企画・設計・工事に時間がかかる傾向にあります。
  2. しっかりとした予算決めをしないと、こだわりすぎて予算オーバーになってしまう傾向があります。