家を買うタイミングtiming

ouchi
おうちの相談窓口お役立ちコンテンツ|家を買うタイミング

家を買う前に確認しておくこと

家を購入する際は、多くの人が「頭金」を用意し、それを家の購入にあてています。頭金の分は家の購入金額から引かれ、残りの分をローンで支払っていくのが一般的です。頭金が多ければ多いほど残りのローンが少なくなり、返済が楽になります。家の貯蓄がどれぐらいあって、頭金にどれぐらい充てられるのか。ローンは月々どれぐらいまで払っていけるのか。そんな家の台所事情をしっかりと把握しておきましょう。
また、今の貯蓄はもちろんのこと、ローンの返済期間をどれぐらいに設定するのかも大きくかかわってきます。お金のシュミレーションが最も大切な部分ですから、手を抜かず、しっかりと家族と話し合いをしてください。

家族の将来や未来設計について

家を買う場合、将来の構想も一緒に考えなければなりません。個人で買う方、結婚してから買う方、子供が生まれてから買う方などタイミングによって考え方は変わってきます。
一番は子供がいる、増える方、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒になるなど、場合によっては歳をとったときに居心地が悪くなってしまい、後悔してしまう可能性もあります。将来、誰と住むのか、何人で住むのか?ライフスタイルに合わせた住宅設計をしていきましょう。

シミュレーションで確認する

家を買うためにまず必要なことはローンの返済にいくら支払いができるのか?ということです。家を購入する際に大きなポイントになるのがローンに回せるお金がどれぐらいあるのか、ということ。借りられる額を最大限借りるのではなく、返せる金額から算出していくことが大切です。
支払いがいっぱいいっぱいになってしまうと予期せぬことに対応できなくなってしまうため無理のない返済で計画していきましょう。一般的に言われているのが、年収の2割程度が限度ですから、それを超えない範囲で返済できる金額を借入しましょう。細かくシュミレーションしていくことでしっかりとした返済金額がだせますので、家族と話し合いながら、計算するのがおすすめです。

  • 現在かかっている家賃
  • 毎月の食費
  • 家族のお小遣い
  • 子供に支払っているお金
  • 教育費
  • 保険
  • 現在かかっているローン
  • その他雑費

できれば家計簿をつけていき、それを参考にして計算していきましょう。毎月の結果をもとに、無理のないローンの範囲を探っていきます。毎月可能な返済額がわかると、住宅ローンの借入可能額も予測可能です。

まとめ
ライフスタイルは人それぞれです。自分たちにあったライフプランをもとに家族と相談していきましょう。まずは支払いシミュレーションや将来の人生設計をしっかりたててベストなタイミングで家を建てていきましょう。