『ZEH(ゼッチ)とは?』

ZEHとは、ゼロ(Z)・エネルギー(E)ハウス(H)の頭文字をとり、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスと読みます。


高い断熱性能・省エネ設備機器・太陽光発電などの自宅で発電できる機器を組み合わせることで「1年間の一次エネルギーの消費量の収支がゼロ」となることを目指した住宅です。

  • 一次エネルギーとは「石油・石炭・天然ガス等の化石燃料」「原子力の燃料であるウラン」「水力・太陽光・地熱の自然エネルギー」等、自然から直接得られるエネルギーをいいます。

背景としては東日本大震災後、原子力発電が停止したため電力供給が非常に不足しました。
また原子力発電を除いてエネルギーの自給率が低く、そのほとんどを輸入に頼っている日本では価格の不安定化などを受けて、それぞれの家庭における省エネルギーの重要性が再認識されました。
さらに2015年のCOP21会議において「日本は2030年までに2013年と比べてGDP(国内総生産)あたりのCO2排出量を26%削減する」ことを約束しました。その一つがZEHであり、国土交通省・経済産業省・環境省と三省が連携して取り組んでいて、2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」に於いて「ZEHの実現を2020年には標準的な新築住宅の50%、2030年には新築住宅の平均化」を目指している国の政策です。

ZEHの条件「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ性能」

経済産業省 資源エネルギー庁「省エネポータルサイト」より

断熱性能
  • 夏は外気を室内に伝えず、冬は室内の暖かい空気を室外に逃がさない事により、冷暖房費を削減し、1年中快適に過ごせる住宅です。
  • その断熱性は「外皮平均熱貫流率(UA値)」で表され、地域によって基準が決められていますが、その数値は0.4以下~0.6以下と省エネ基準よりも高い基準が設けられています。数値が小さいほど省エネ性能が高く、断熱性能も高くなります。
    • *外皮熱貫流率とは外皮(床・屋根・外壁・開口部など)を通じて住宅の内部から外部に逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。

  • また、断熱性能の高い住宅に住むことにより「気管支ぜんそく・のどの痛み・手足の冷え・せき・アトピー性皮膚炎・肌のかゆみ・目のかゆみ・アレルギー性結膜炎・アレルギー性鼻炎」の9つの症状に於いて明らかな改善効果が見られたという近畿大学建築学部建築学科の岩前篤教授の研究データも出ています。さらに国土交通省より「断熱改修等による居住者の健康への影響調査 概要 」も発表されています。
省エネ性能
  • 一次エネルギーの消費量を従来より20%以上削減することが求められています。
    エネルギー消費の多い「空調」「給湯」「換気」「照明」設備にZEH基準を満たした機器の使用が求められます。
  • *高効率暖冷房

    *高効率給湯機・節湯機器

    *熱交換型換気システム

    *LED証明

創エネ性能
  • 創エネとは「創エネルギー」の略で企業や自治体・一般家庭が自らエネルギーを創りだすことです。つまりエネルギーの自給自足です。
  • 消費エネルギーを0にするために、太陽の熱で電気を創り出す「太陽光発電」や家庭用燃料電池(エネファーム)などの創エネ設備で電力を創り出します。昼間に発電した電気を蓄電池で貯めることにより夜間に回したり、災害時にも発電することができます。

関連コラム

『地球環境にやさしい快適な住宅・・・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とゼロ・エネルギー実現のためのHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)』

http://uchitateru.com/wp/columns/1457.php