『大手ハウスメーカーの特徴』

目次

  1. 1.大手ハウスメーカーの特徴としては

ハウスメーカーとは日本国内全域を対象に営業展開している住宅建築会社のことですが正式な定義はありません。
大手ハウスメーカーとは8社会といわれる組織に属している「セキスイハウス」「セキスイハイム」「大和ハウス工業」「パナソニックホームズ」「へーベルハウス」「ミサワホーム」「住友林業」「三井ホーム」を指しますが、トヨタホーム・ヤマダホームズ・一条工務店・住友不動産を含めている場合もあります。
その他、中堅ハウスメーカーとして日本ハウスホールディングス・レオハウス・タマホーム・コンチネンタルホームなどがあげられます。

1.大手ハウスメーカーの特徴としては                       

全国展開している

*日本全域を対象に営業展開している

*全国各地の住宅展示場でモデルハウスを見学することができる

知名度が高い
テレビ・ラジオのCMや新聞の折り込み広告等で全国的に名が知られ、安心感がある

  • 建物標準の性能表示も高く安心・安全・クレームのない家づくりを目指している
好条件の土地情報を持っている
豊富な好条件の土地情報を持っているため、土地探しから依頼できる

  • 建ぺい率・容積率を勘案して土地を探すので希望の間取りの住宅を建てやすい
  • 住宅建築に対する総予算の中で土地購入費用・建築費用の配分がバランスよくできる
設計・施工の両方を行う

*設計やインテリアコーディネートなど専門的知識を持ったプロが設計に加えて家具や照明などのアドバイスも行う

  • ・設計
  • ・建築
  • ・外構
  • ・照明
  • ・インテリア

*施工についてはハウスメーカーの請負先が行う

  • 請負先は地元の工務店など
部材や構造体を自社工場で大量生産している

*自社工場で生産した部材や構造体を現場に運び、家を建てていく

  • 一定の品質が保たれる

*組立てる工程などもマニュアル化されており施工技術に左右されることがない

  • 手抜き工事や欠陥工事が少なくなる

*工期は短い(平均3か月程度・2か月で完成するメーカーもある)

デメリット

*部材や構造体を一括生産しているため、細かい仕様の変更や希望に対応できない

設計の自由度がやや低め

豊富な研究データと高い商品開発力

*豊富な研究データが高い商品開発力につながる

  • 高性能な住宅
  • ・耐震性
  • ・耐火性
  • ・断熱性
  • ・気密性
  • ・省エネ性
  • ・防火性
  • ・防犯性

*ZEH仕様やHEMS・IOTの推進
詳細は下記をお読みください

『地球環境にやさしい住宅・・・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とゼロ・エネルギー実現のためのHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)』
http://uchitateru.com/wp/columns/1457.php

ランニングコストを抑えられる

*高品質・高性能な住宅のため光熱費やメンテナンスにかかるランニングコストが低く抑えられる

  • 通常、5年ごとの防蟻再設定・10年ごとの外装メンテナンスなどを行う必要がある。
    大手ハウスメーカーの場合、メンテナンスの期間が防蟻再設定が10年ごと・外装メンテナンスが30年ごとと伸ばせる設計・建築(耐久性のある部材を使用)されているのでメンテナンス費用が低く抑えられる
  • ランニングコストの総額は大手ハウスメーカーが一番低いといわれている

*高気密・高断熱のため冷暖房費が抑えられる

*太陽光発電により光熱費が抑えられる

デメリット

高性能住宅のため、初期費用(建築費用)は高くなる

アフターケアがしっかりしている

*30年を超えて最大で60年の保証期間を設けているハウスメーカーもある

*全国にアフターケア専門のスタッフを多く抱えている

*倒産のリスクが低い

倒産してしまったらアフターケアは受けられない

住宅ローンの金利が優遇される
金融機関が大手ハウスメーカーと提携している場合、優遇金利が適用され金利が低く設定される
事務的な手続きを代行してくれる

*太陽光発電の売電手続き

*住宅ローンの申請

*つなぎ融資の申請

*すまい給付金・次世代住宅ポイントの申請

*ZEHなど補助金の申請

*収入印紙準備

注:必要書類の記入は自署が必要

住民票・印鑑証明書・課税証明書などは自身で取得する