火災保険の補償内容を確認しましょう(^^♪

こんにちは!浅井です。

毎日ジメジメした日が続いていますがお元気ですか?

梅雨が明けると夏真っ盛りとなりますが、今年の夏はとても暑くなりそうですね。

そして心配なのが「台風」です。

台風で屋根が壊れた!

竜巻で屋根が飛んだ!

台風による洪水で床上浸水した!

台風による土砂崩れで家屋が倒壊した!

ゲリラ豪雨で下水処理が間に合わず、マンホールから水があふれだし浸水した!

これらの災害による事故は「火災保険」で修理費用を賄うことができます。

台風や竜巻など「風」による被害は火災保険の「風災」、洪水による床上浸水や台風による土砂崩れ、ゲリラ豪雨による床上浸水は火災保険の「水災」から保険金が支払われます。ここ数年洪水の被害のない地域で台風による被害で多かったのが強風による屋根の「破損」でした。

「風災」の補償はほとんど付帯されていると思いますが「水災」の補償は付帯されてないことも多いので、加入している「火災保険」の補償内容を確認しましょう。もし、必要と思う補償が付帯されていなかった場合は途中から必要な補償を付帯することもできますし、新たに加入しなおすこともできます。

もしも被害にあってしまい「保険金」を請求できるかどうかわからない場合は保加入している保険会社にお問合せくださいね。

火災保険について詳しくは「火災保険は家族みんなを守ってくれる!!」をお読みくださいね。https://www.ouchigo.jp/uchitateru/columns/849.php

※当店のコロナウイルス対策
●面談は完全予約制です。
同一時間お客様1組にスタッフ1名で対応致します。
●面談後は机・椅子・文具等の消毒をしております。
●密閉空間にならないよう換気を行います。
●スタッフは全員マスク着用でご対応致します。